メルマガバックナンバー
☆★☆ラモネとニーヨン。シャサーニュの双璧の90年前半のストック入荷!☆★☆
     http://www.sp-mall.jp/shop/g/gW2-BGB4-1565/
     http://www.sp-mall.jp/shop/g/gW2-BGB4-1566/



    ドメーヌ・ラモネとドメーヌ・ミシェル・ニーヨン

シャサーニュ・モンラッシェを代表する二大生産者として知られるこの2つの
生産者。シャサーニュ・モンラッシェは面積も広く、生産者も多く、赤ワイン
比率が高いので、生産者ごとのクオリティーを図りにくいところがありますが、
間違いなくトップを挙げろと言われればこの2つになるでしょう。


ドメーヌ・ミシェル・ニーヨンはミシェル・ニエロンが両親から受け継いだ3ヘクタールの畑から始まり、14歳でワイン造りをスタート。畑の個性を忠実に守
りながら重厚で長期熟成タイプのワインをじっくり造りこんでいます。

最近のキュヴェは若いうちでも非常に果実味に溢れ、柔らかさとスケールを共に
感じさせてくれますが、古いヴィンテージはやはりクラシックな造り。



ドメール・ラモネは誰もが知るブルゴーニュの白ワイン最良の造り手の一人。

1920年、ピエール・ラモネ氏によって創設。ドメーヌ設立当時の1920年代から
元詰を開始するという非常に先進的な生産者でした。その後息子のアンドレが
引き継いだ後にアメリカで爆発的に人気が出て、今日の名声を確立しました。

現在はノエル、ジャン・クロードというラモネ兄弟が引き継いでいます。

ラモネのワインはやはりそのパワーが印象的。若いうちは爆発的な果実味と
重量感を発散させ、硬さも感じられます。やはりゆっくり熟成させるのが
いいワインです。


そこで今回は両者の90年代前半の一級畑という今まさに飲むべきワインを
ご紹介します。

彼らのワインを飲んだことがあってもほとんどが若いワイン。古いものは特級
くらいしか残っていないので、価格も目が飛び出るほどお高め。
でも今回は一級ということもあり、2万円前半と試しやすい価格帯です。


    ●シャサーニュ モンラッシェ クロ マルトロワ
     ドメーヌ ミシェル ニーヨン / 1994
   
                    (通常価格(税込) 23,436円)
     http://www.sp-mall.jp/shop/g/gW2-BGB4-1565/

ブルゴーニュ白ワイン界の重鎮ミシェル・ニーヨンは、銘醸地シャサーニュ・
モンラッシェでも最上位に位置付けられる蔵元。過度な樽香を避ける為、新樽
比率も50%前後に留めている。シャサーニュ・モンラッシェの1級畑クロ・
ド・ラ・マルトロワは、フローラルな香りに加えオーク樽の香ばしい風味と鉱
物的なニュアンスがひっそりと漂う。口に含めば白い果肉のフルーツの風味と
ミネラル感が感じられ、滑らかな舌触りと適度な厚みのあるバランスの良いス
タイルが楽しめる。バックヴィンテージ1994年は、ブルゴーニュファン垂
涎の稀少品。


    ●シャサーニュ モンラッシェ モルジョ
     ドメーヌ ラモネ / 1993
     
                  税抜 21,330円(税込 23,036円)
     http://www.sp-mall.jp/shop/g/gW2-BGB4-1566/


1930年代には既にドメーヌ元詰めを行っていたシャサーニュの名門ラモネ。
現在はノエルとジャン・クロードの兄弟がワイン造りの中核を担い、高い評価
を得ている。シャサーニュの1級畑モルジョは、斜面中部から下部に位置する
粘土質の厚い畑であり、豊富な果実味が前面に出た肉感的なワインを生み出す。
良作年の1993年は、エキス分に溢れたねっとりとした口当たりが印象的。
濃厚な果実味と樽香、そしてバランスの良い酸が溶け合い、熟成感たっぷりの
複雑な味わいが堪能できる。
こちらに掲載された情報は、過去に配信されたメルマガであり、最新の情報と異なっている場合がございます。価格等、商品の情報は、各商品の詳細ページに掲載されたものが最新です。