メルマガバックナンバー
☆★☆1976年!カベルネ・フランの美味しさを伝える熟成ブルグイユ!☆★☆
   http://www.sp-mall.jp/shop/g/gW2-LOR4-1846/

6月に入り梅雨に入るかな、と思いきや30度を超える真夏日のような暑い日が
続き、すこしビックリしましたが、東京でも昨日くらいから梅雨らしい雨が降
り、路に咲くアジサイが露をはじいて、綺麗に咲いていました。

さて、今日は見事に熟成し、奥深い旨みを備えながら、改めてカベルネ・フラ
ンというブドウの美味しさを伝えてくれるワインのご紹介です。

ブルグイユ、というアペラシオンはロワール河の中流、トゥールの西に50kmほ
どの場所で、ロワール河が東から西に流れていくのに対し、河の北側のほぼ
真南を向いた理想的な斜面に広がっています。

土壌の特徴は白亜の粘土石灰と砂礫などが混じり、まさしくカベルネの栽培に
理想的なテロワール。

フランスの赤ワインでは、ボルドーのカベルネ・ソーヴィニヨン、ブルゴーニ
ュのピノ・ノワールが世界的にも成功し人気を博していますが、ブルグイユや
シノンの人達にとっては、「カベルネ・ソーヴィニヨンの重厚感と気高さ、ピ
ノ・ノワールの官能性を併せ持つカベルネ・フランこそ真の偉大なる葡萄であ
る」と誇りを持っている人が少なくありません。

私自身も、昨年ロワール中流域のドメーヌを訪問し、カベルネ・フランのワイ
ンを多数テイスティングしてきましたが、なるほど、ボルドーよりも酸が心地
よく、ブルゴーニュよりも力強いコクがあるカベルネ・フランは、もっと飲む
機会があっても良いのかもしれないな・・・。と強く感じました。

そこで、そのポテンシャルの高さを感じさせる38年の熟成を経た、このワイン。

十分に熟成していながらも、その状態の良さからかまだまだ濃いめの色調。グ
ラスに注ぐと非常に粘性が強く、この前後のヴィンテージは蔵にも保管されて
いないようなのですが、1976年に関しては非常に命の長い、素晴らしい出来で
あったことが容易に伺えます。

濃厚なベリーのコンフィのような果実風味と、熟度が高い時に現れる黒オリー
ブのタプナードのような旨み、土を思わせる、というか土の中で育つ根菜類、
人参やレンコン、牛蒡のような、自然の力強さを感じさせるブーケ。

例えは可笑しいのですが、日本でいう炊き込みご飯のような、ほっとする香り
が感じられます。

よく、カベルネ・フランは青臭い、とか、ピーマンみたいだとか言われますが、
それは収量過多、機械収穫の大量生産の場合で、こうした丁寧な仕事で造られ
たワインには、あまり当てはまりません。

1976年のプレステージは、木製のフードルで3年半の時を過ごし、その後瓶内
で長期の眠りについていたもの。こうしたコンディションの古いカベルネ・フ
ランを口にできる機会は、滅多にありません。

カベルネ・フラン80%に僅かにカベルネ・ソーヴィニヨンが20%ブレンドされ
ています。

同時に入荷した2005年はカベルネ・ソーヴィニヨンがブレンドされていません。
100%カベルネ・フラン。よりピュアなワインへと移り変わっています。

醸造にはバリック(小樽)も用いられるようになり、この辺りの醸造技術の
変遷も飲み比べてみると興味深いところです。

サンテミリオンでカベルネ・フランを使うシャトー、例えばシュヴァル・ブラ
ンなどがお好みの方は、是非トライしていただきたい逸品。

カベルネ・フランの美味しさを、ご堪能ください!
本数に限りがありますので、ご注文はお早目にどうぞ。

======================================================================
BOURGUEIL PRESTIGE 1976 DOMAINE DES CHESNAIES (LAME DELISLE BOUCARD)
税抜 9,800円(税込 10,584円) 
http://www.sp-mall.jp/shop/g/gW2-LOR4-1846/

同じキュヴェの飲み比べも面白いです。2005年はこちら
BOURGUEIL PRESTIGE 2005 DOMAINE DES CHESNAIES (LAME DELISLE BOUCARD)
税抜 3,500円(税込 3,780円)
http://www.sp-mall.jp/shop/g/gW2-LOR1-4270/
======================================================================
こちらに掲載された情報は、過去に配信されたメルマガであり、最新の情報と異なっている場合がございます。価格等、商品の情報は、各商品の詳細ページに掲載されたものが最新です。