ワインコラム
飲用温度の違いによる風味の変化
皆さんは普段ワインをたしなむ際、どれぐらいの温度でお召し上がりになっていますか。以前はよく、「白ワインは冷蔵庫で冷やして」とか「赤ワインは室温で」等といわれていましたが、ある程度ワイン文化が定着してきた現在は、同じタイプのワインでもそれぞれのスタイルの違いによって飲用温度を調整して楽しむ方が徐々に増えてきたようです。そこで今回は、改めて飲用温度がワインに与える影響についてご紹介致します。
まずはワインの温度を下げた場合、また上げた場合にどのような風味の変化が感じられるのか見てみましょう。
温度を下げた場合
温度を上げた場合
  • 香りのボリュームが抑えられる。
  • ブドウの品種香が際立つ。
  • 酸味が強くシャープに感じられ、フレッシュな印象になる。
  • 甘みが抑えられる。
  • 苦み、渋みが強く感じられる。 Etc…
  • 香りの広がりが大きくなる。
  • 熟成感や複雑性が高まる。
  • 酸味が和らげられ、全体的にふくよかな印象になる。
  • 甘みが強くなる。
  • 苦み、渋みが穏やかになる。 Etc…
以上がワイン全般に共通する変化です。温度の上下によりほぼ対照的な変化が感じられるということが読み取れます。
次に、ワインサービス時の供出温度の基準を、各タイプ別に見てみましょう。
ワインのタイプ
適温
留意点
発泡性ワイン
4~10℃
オールドヴィンテージ、プレステージは高めに。
白ワイン
4~12℃
甘口は低く、コクのあるものは高めに。
ロゼワイン
6~10℃
甘みのあるものは低く。
赤ワイン
10~18℃
軽いものはやや低く、上質なものは高めに。
これを見ると、同じタイプのワインでも適温にかなり差があることがお判りいただけると思います。基本はそのワインの短所を覆い、長所を際立たせることです。
温度がもたらす風味の違いは、一般の方々が考えている以上に大きなものです。一口飲んで「イマイチ好みに合わないな」と思ったワインも、飲む温度によってガラリと表情を変えることがあります。色々な温度で召し上がってみて、自分の好みに近づけてみるのもワインを上手に楽しむポイントです。
↑ページTopへ